段差を無くして犬の足腰の負担を減らす

愛犬の飛び降りキケン!!

犬の飛び降りキケン愛犬はソファーから飛び降りていませんか?
犬は走り回ることやジャンプが大好きだから「足腰がしっかりしている」というイメージがありますが、実は足腰はそんなに強くないのです。
室内犬はフローリング床での生活で滑ったり、ソファーやベッドなど高い所から飛び降りたり飛び上がったりと、犬の足腰には相当な負担がかかっています。
毎日の負担の積み重ねで、歩けなくなる病気になったり、突然、骨折などのケガをするケースが実によくあります。
病気や事故予防に滑らないコルクマットや段差にステップやスロープを取り付けることで未然に防ぐことができます。
特に、腰のヘルニアになりやすいダックスフントやコーギー犬、ヒザや股関節の脱臼になりやすいプードルやチワワ、骨折しやすいポメラニアンなど関節や骨を痛めやすい先天性の病気を持っている犬を飼っている方は特に注意が必要です。
フローリングで滑らないことに加えて、高い所から飛び降りることも犬にとってはキケンだということをしっかりと意識しておきましょう。






ヒザのお皿がはずれる|膝蓋骨脱臼のキケン!!

犬はソファーがスキプードルやチワワ、ヨークシャテリアなど小型犬が打撲や高い所から落下した時に、ヒザのお皿がズレる病気が「膝蓋骨脱臼」です。これは先天的な症状なのでよほどひどくない限りは治療の必要はありませんが、こういった犬は常に脱臼しやすい状態にあるので、ちょっとしたはずみでヒザのお皿が外れます。
最初は痛みを感じないため犬も痛みを訴えませんが、ヒザのお皿が外れることを何度も繰り返し、そのまま放置しておくと重症化して歩けなくなるケースもあります。
ソファーやベッドの高さは、小型犬にとっては自分の身長以上の高さがあります。そこから毎日飛び降りているのですから膝への負担が蓄積されて膝蓋骨脱臼になるのも当然ですね。

胴長体型犬の腰の病気|椎間板ヘルニアがキケン!!

ダックスフントはヘルニアになりやすいヘルニアといえば、ダックスフンドやコーギー犬などの胴長体型の犬種のほかにも、シーズーやビーグル、フレンチブルドッグなどもヘルニアにかかりやすい犬種です。
もっとも発生の多い胸腰部(胸の背骨から腰の背骨にかけて)の「椎間板ヘルニア」は、「どこかわからないけど、痛がっている」「抱っこしようとすると”キャン”と鳴く」というような症状があって気がつきます。
痛みのためにちょっとした段差が飛び越えられなくなったり、普段飛び乗ったり、飛び降りたりしているソファーに行かなくなったり。
さらに後ろ足に麻痺が起こることで、後ろ足がふらついて歩いたり、さらには完全に立てなくなったりします。
完全に立てなくなると、排尿関係の神経まで麻痺してしまい、オシッコを漏らしてしまったり、あるいは後足の感覚がまったくなくなることもあります。
最大の原因は、肥満段差です。
激しい運動や、過度なジャンプ、あるいは肥満で背骨に負担がかかっている場合に椎間板ヘルニアになりやすいといわれています。
ソファーなどの高い所はもちろん、足の短いダックスフントなどは、階段などの低い段差の上り下りも腰への負担が大きいです。
子犬のときから、ジャンプさせないことや段差をなくすためのスロープなどを用意することがヘルニア予防につながります。
ヘルニアは「突然」発症します。子犬の時からフローリング床の滑り止め対策と段差解消の対策が必要ですね。

元気な小型犬|骨折のキケン!!

犬は高い所から飛び降ります特に多いのが前足の骨折です。椅子やソファーの高さからジャンプしただけで、骨が折れてしまうケースはよくあることです。
骨折すると折れた前足をかばうように上げたまま歩いたり、足を引きずって歩くなどの歩行障害が見られるようになります。
子犬や小型犬では10cmの高さでも骨折することがあるので注意が必要です。
また、ポメラニアンなど骨折しやすい犬種を飼っているご家庭では、高い所に上らないようにしつけをすることも骨折の予防に必要なことです。
でも元気な愛犬はじっとしてはいられませんね。
そこで、ソファーに階段やスロープを設置したり、着地点に滑らないコルクマットやクッションを置くことで骨折の予防になります。

高齢犬に段差はキケン!!

シニア犬は動きたがらない今、あなたの愛犬は人間の年齢で何歳かご存知ですか?
犬は人よりも早く年をとります。いつのまにか自分の年齢を追い越していった愛犬の足腰や関節が弱ってきていることに気づいてあげてください。
あんなに元気に走り回っていた愛犬が、ソファーに上れなくなったり、ブルブルと震えだしたりして今までできていたことができなくなってくるのです。
犬の成長は人間より早いのですから、しっかりそれを認識して愛犬のライフステージに合わせた環境づくりを心掛けてください。
高齢犬になっても今までと同じ生活を送らせてあげるためにも、ソファーやベッドに段差なく上り下りできるように階段やスロープを使用したり、滑らないコルクマットなどを用意してあげましょう。クッションを置くだけでも楽に上り下りが出来ますね。足腰の衰えを感じたら、負担を軽減する対策を早めに考えてあげてください。






おススメ記事

犬と快適に暮らす住まいの知恵袋へ
家族の一員の愛犬と快適に
暮らすための知恵袋★
犬の基礎知識へ
犬との生活をより良い関係に♥
愛犬ことをもっと知りたい♪
犬の健康管理
健康で長生きのために知ると安心!
犬とず〜っと元気に暮らすための知識