犬が階段を上り下りすると危険なこと!

階段の上り下りは犬には危険?愛犬は家中を自由に行動できる状態ですか?
それとも行動範囲を限定していますか?

飼い主さんのルールで、犬の居場所を人の居場所と区別しているご家庭と、人と同じように家中を自由に行動できるようにしているご家庭があると思います。
私の家では、犬も人と同じように家中を自由に行動できるようにしています。
もちろん、階段の上り下りも教えていはいませんが自分の意志で自由に上り下りをしています。
それも、ものすごい勢いで上り下りするので、時々滑ってずり落ちていることがあります。

そこで、階段にも滑り止めマットを設置することにしました。
看板犬のリンちゃんも高齢犬です。今まで滑り落ちても何ともなかったことで骨折したりケガをするようなことがあっては大変です。

フローリングの滑り止めと同じように、階段を上り下りする愛犬には階段の滑り止めマットも必要です。
犬が階段を上り下りする際に気をつけたいことをまとめました。

愛犬は階段を上り下りしていますか?

家中を元気に走り回っている愛犬は、階段があれば自由に上り下りをしています。
飼い主の後を追って2階に上ったり、2階にいるときに階下で物音がしたら一目散に降りてしまいます。

子犬の頃は飼い主の移動する場所ならどこへでもくっついてくる時期があります。
子犬は自分では階段が上れないので、階段下でじっとまっているか、「私も連れてって〜♬クゥ〜ン」と呼びます。
小型犬や子犬の軽い体重なら飼い主も抱っこして階段の上り下りもできますが、中・大型犬になるととても抱っこをして階段を上り下りで来ません。
30キロの愛犬を抱きかかえて階段の上り下りをする方がいらっしゃるようですが、相当な体力が必要です。愛犬のためにウエイトトレーニングしないといけませんね(笑)
また、体力があっても愛犬を抱きかかえることで足元が見えなくなり飼い主が階段を踏み外すキケンがあります。

子犬の時、階段を使わないようにしつけをしたり、柵・ゲートを取り付けて階段の上り下りをしないルールをきちんと決めているご家庭もありますが、家族と同じ空間で自由に行動できる生活している犬にとって、階段の上り下りは避けては通れないもの。

そもそも階段の幅や高さは人にあわせて作られています。
まして、犬の体型は小型犬から大型犬まで個体差があり、それぞれ上り下りしやすい階段は違うはずです。
人にあわせて作られた階段ですから、犬はとっては不自然な体勢で上り下りすることになるので、足腰に負担がかかる上、滑り落ちるキケンも伴っています。

階段の上り下りが犬にどんな影響をおよぼすのかを正しく理解しておくことも飼い主にとっては必要ですね。

階段の上り下りは足腰に負担がかかる

犬は猫のように高い所にのぼる動物ではなく、猫に比べて衝撃を受け止める柔らかい身体ではありません。階段の上り下りのときのムリな体勢は、衝撃を緩和することができない犬の足腰へ相当な負担がかかります。
階段を上り下りする際の身体を反る体勢が腰に、階段を下りるときの衝撃が体重がある大型犬ほど足や関節に負担がかかります。
これは、ソファーなどの高い所から飛び下りるときの衝撃と同じなので、ヘルニアなどの病気の原因になるので注意が必要です。

特に気をつけたい犬種は、ダックスフントやコーギー犬などの胴体が長い犬種です。急な階段の場合は抱っこして上り下りすることがよいでしょう。
また、太っていると犬の足腰に負担がかかることにプラスして抱っこして階段を上り下りしなければならない飼い主さんへの負担が大きくなりますから、太らせないようにダイエットも心がけましょう。

犬が階段を上り下りすることは、生活する上で必要な場合や、抱っこして上り下りできない中型犬や大型犬のいるご家庭では、負担を軽減するためにムリに踏ん張らなくてもよいように、滑り止め階段マットや踊り場や階段の着地場所に厚手のコルクマットなどを敷いて、足腰への衝撃をやわらげる工夫をしてあげてください。

骨折のキケン

もう一つヒヤッとすることは、滑って転げ落ちることです。
公園やお城のようにゆったりと幅がある階段とは違って、家庭の階段は狭く傾斜があります。犬は人間のように一段一段ゆっくりと階段を上ることができません。
ある程度勢いをつけて上り下りをしています。踏み外したり滑って転げ落ちるキケンがあります。
犬は4本の足があるので滑った場合はなんとか体勢を保とうとして、無理な体勢で足腰に負担がかかります。踏ん張りきれずに滑って転げ落ちると骨折するキケンが大きいのです。

階段には、滑り止めマットを敷くなどの工夫が必要です。
そして、フローリング床と同じように、犬の爪や足裏の毛が伸びていたりすると滑りやすくなるので足のケアもお忘れなく。

階段には滑り止めマットがいい♪

階段滑り止めマット室内犬には滑る床も滑る階段も滑らないように歩くために踏ん張っています。滑らないように踏ん張ることで犬の足腰には大きな負担がかかっています。
なるべく上り下りさせないようにするために、柵を取り付けたり、階段を使わないようにしつけをするなどをすることも必要ですが、好奇心おう盛な活発なワンちゃんの行動を止めることはできないのではないでしょうか?
そんな時は、階段用マットを使用することをおススメします。

医療の発達や食事のバランスが良くなったことから犬も高齢化してきています。自分で行動できる元気な頃から日常の生活スタイルで危険な箇所を取り除きましょう。
愛犬は家族ですから、いつまでも健康で高齢犬になって病気やケガによる苦痛を伴いながら生きるという事がないように工夫が必要です。
元気で長生きすることが私たちにとっても幸せなことですからね。

階段の滑り止めマット

愛犬が滑らないことはもちろん、小さなお子さまや高齢者のいるご家庭では滑り止め効果のある階段マットがあると安心・安全です。
その上、階段のキズや汚れもふせげます。

★おススメの商品★





おススメ記事

階段には滑り止めマットを
踊り場や着地点にはコルクマットがいい♪

犬が滑らないコルクマット一覧へ

犬にやさしいコルクマットの特徴
滑り止めコルクマットの特徴
犬にとて快適な床材
犬と快適に暮らす住まいの知恵袋へ
家族の一員の愛犬と快適に
暮らすための知恵袋★
犬の基礎知識へ
犬との生活をより良い関係に♥
愛犬ことをもっと知りたい♪
犬の健康管理
健康で長生きのために知ると安心!
犬とず〜っと元気に暮らすための知識