人と同じように犬も花粉アレルギーになるのです!

犬の花粉症アレルギー春から秋にかけて私たち人が花粉症で苦しんでいるとき、同じように愛犬が体や足を舐めたり、目をこすっていませんか?犬の花粉症かもしれません。
人の花粉アレルギーの症状は、咳やクシャミ、鼻水など呼吸器系の症状が多く見られますが、犬の場合はアレルギー性皮膚炎とよく似た皮膚のかゆみや引っ掻くことで炎症をおこす症状が多くみられます。皮膚のかゆみがでる部分は、耳、脇、股、足先、口や目の周りなど。アレルギー性皮膚炎は季節に関係なく年中症状します。それとは対象的に、花粉症アレルギーは、アレルゲンとなる花粉が拡散される時期に限定してアレルギー症状がでます。

看板犬のりんちゃんが、秋頃から目の周りをしきりに掻き始め、そこが炎症してしまいました。大きな目がチャームポイントのチワワなのに小さな目になってとってもかわいそうです。検査の結果オオブタクサによる花粉症と判明。実際の治療に加えて、いろいろな症状と治療の方法をご紹介します。

花粉の季節に皮膚炎を発症したら要注意!

アレルギー反応を起こす原因となる物質(抗原)を「アレルゲン」といいますが、花粉症の代表的なアレルゲンはスギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ、カモガヤなどの植物の花粉がアレルゲンです。突然、これらの植物の花粉が舞い飛びはじめる3月から秋までの期間にアレルギー性皮膚炎と診断されたら、花粉症によるアレルギーかもしれません。
人間と同じで突然アレルギーを発症することがあります。シニア期を迎える年齢になったら注意が必要です。

アレルゲンを特定するには、検査が必要

犬がアレルギー性皮膚炎になったとき、アレルゲンが何なのかはっきりとしません。遺伝性のものなのか、食物によるものかそれともハウスダストに含まれるノミやダニによるものかは検査しなければわかりません。アレルギー性皮膚炎ではなく、別の病気の可能性もありますからまずは検査が必要です。

アレルゲンの種類によって、治療の対処方法が変わってきます。
花粉やハウスダストなどが原因の環境アレルゲンの場合は、原因であるアレルゲンから遠ざけることで症状が軽減します。
フードやおやつが原因の食物アレルゲンの場合は、アレルゲンの食物を摂取しなければ症状はでません。

犬は「痛い!」のか「かゆい!」のか「むずがゆい!」のか、自分の症状を言葉で説明することができませんから、飼い主の思い込みやネットでの情報だけでは、正しいアレルゲンを特定することはできません。
症状だけをネットで調べて、食べ物を自然食品に変更しても、花粉症やハウスダストなどの環境アレルゲンによるアレルギー性皮膚炎だと何の効果もありません。

飼い主の勝手な思い込みによって、治療が遅れて症状がますます悪化する場合もあります。まずは、アレルゲンを特定することからはじめましょう。

検査方法と検査費用

アレルゲン特異Ige検査結果
犬のアレルギーの一般的な検査方法にアレルゲン特異的 IgE検査があります。これは、動物病院で採血した血液を検査してもらう方法です。りんちゃんが通院している動物病院では、その血液を検査会社に送って、検査後、報告書が届くのに1週間かかりました。ここで、オオブタクサに要注意と診断されました。

この検査でアレルゲンが食物アレルゲンだった場合、大きなくくりでの食物アレルゲンしか分からないので、もっと詳しく検査するには、リンパ球反応検査が効果的です。
ですから、アレルゲンを特定するのに、IgE検査を行い、そこで、食物アレルゲンだと診断されば場合、リンパ球反応検査を再度受ける必要があります。この検査の費用は、とっても高額で1検査2万円〜3万円必要です。両方の検査を受けると5万円は必要になります。愛犬が病気をするとペット保険の必要性を感じてしまいますね。

犬の花粉症アレルギーの治療方法
抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーの症状を出す代表的な物質であるヒスタミンが、体内で作用しないようにブロックするお薬です。アレルギーを治す薬ではなく、かゆみを止めて症状を抑える効果があります。人が服用した場合は、眠くなることがありますが犬にはほどんどその症状がみられません。といっても、抗ヒスタミン薬を飲まなくても犬は人より長時間寝ていますから本当に眠くならないのかはわかりませんね(笑)。
抗ヒスタミン薬は、ステロイドに比べると副作用も少なく、値段もお手頃です。
ただし、抗ヒスタミン薬は犬に効果が低いという報告があります。文献によると約30%の犬にしか効果がないと言われています。

人用の抗ヒスタミン薬は犬には危険!!
飼い主も花粉症だからといって人用の第二世代(眠くならない)抗ヒスタミン薬は犬には使ってはいけません。アメリカでは死亡例が出ています。お腹を壊したら、ビオフェルミンを飲ませることをよく耳にしますが、安易に花粉症などで処方された人用の薬を動物に与えないようにしてください。
ステロイド

ステロイドとは、もともとは身体の副腎という臓器の一部から産生される「炎症を抑える」「免疫を抑える」などの作用があるホルモンです。犬には一般的にプレドニゾロンが多く使用されます。ステロイドは即効性があり、ほとんどすべての動物に効果が期待できます。
ステロイドは長期間服用すると副作用が心配されますが、炎症がひどい場合は早く治すためには必要な薬です。副作用が怖いからといってひどい炎症をそのまま放置して、ステロイドを拒否することはかえって、愛犬を苦しめることになります。正しく使えば、とても有効な薬であることはまちがいありません。

副作用やステロイドを止めるときも注意!!
ステロイドは、素人判断で使用することはとっても危険です。長期間投与した場合には、胃・十二指腸潰瘍、肝障害、副腎の機能低下、糖尿病などの怖い副作用があります。また、中止するときも、少しずつ減らして中止しなければアジソン病で命を落とす危険があります。

症状が重いときは、毎日病院に通い、先生に相談しながらステロイドを使用しましょう。大切な家族ですから、私たちができる精一杯のことをしてあげましょう。

リンちゃんも症状がよくなってから、量を減らしながら一定の期間をかけてステロイド治療を終了しました。

花粉症の症状を軽減する方法

症状がひどいときは薬も効果的ですが、それと平行して生活環境でアレルゲンである花粉を断つことも大切です。では、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

しっかり部屋のお掃除

花粉を家に入れないようにしようとしても、ミクロのサイズの花粉は、玄関のドアの開け閉めでどうしても家の中に入ってしまいます。花粉はハウスダストやホコリとして部屋に漂います。床に毛足のあるカーペットを敷いている場合、毛足の奥に花粉やホコリ、ダニなどが潜んでしまいます。これは掃除機でもきれいに取り除くことはできません。愛犬の健康のために、毎日しっかりとお掃除をしましょう。
花粉やダニなどのアレルゲンが絡みつかないコルクマットなら雑巾で拭いたり、水洗いできるので花粉を完全に取り除けますね。

花粉の付着を減らす

花粉の時期は、なるべく外出を避けることが好ましいのですが、犬には散歩が必要です。散歩の際は、長袖の洋服を着せて家に入る前にしっかり花粉を払いましょう。そして、散歩から帰ったら足をしっかり洗うか拭くなどで花粉を取り除きましょう。

シャンプー&スキンケア

犬のシャンプーブラッシングや濡れたタオルなどで拭き取ることで花粉を減らすことはできますが、完全に取り除くことはできません。完全に花粉を取り除くためにはしっかりシャンプーすることがいちばんです。シャンプー剤は刺激が少ないことと、保湿を重視したアレルギーの犬専用のものを選ぶ必要があります。


よく「赤ちゃん用のシャンプーが皮膚に優しいから」と使う方がいますが、赤ちゃんの皮膚は弱酸性犬は中性~弱アルカリ性ですので、犬に弱酸性のシャンプーを使うのはやめましょう。皮膚病がある場合はその症状に適したシャンプーを使う必要があります。必ず動物病院に相談しましょう。
エリザベスカラー

エリザベスカラー犬は、炎症している皮膚を舐めたり、かゆい目を爪で傷つけたりすることがあります。そんなとき、エリザベスカラーで舐めたり、掻いたりすることが防げます。写真は看板犬りんちゃんのエリザベスカラー姿です。食事のとき以外、寝るときも炎症が引くまで、10日間位付けっぱなし。お疲れさまでした。

花粉症にかかりやすい犬種

かかりやすい犬種はテリア系や鼻ペチャの顔立ちの犬に多いといわれています。ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、フレンチ・ブルドッグ、ワイアー・フォックス・テリア、柴犬、シー・ズー、ブルドッグ、ボストン・テリア、ペキニーズ、バグ、秋田犬を飼っている方は、花粉の季節にご注意ください。

突然、発症することもある

花粉症にかかりやすい犬種でも、子犬のときから発症する場合やかかりやすい犬種でもまったく発症しないこともあります。また、人と同じで加齢によって免疫力の低下などが原因で引き起こされる場合があります。

当店の看板犬りんちゃんも9才のシニア期に「オオブタクサ」による花粉症アレルギーを発症しました。
最初は、目の周りの皮膚の炎症なのでマイボーム腺炎(ものもらい)との診断で、抗生物質を投与されましたが、一向によくなりません。同時に食事療法を始めました。そして、血液検査でアレルゲンがオオブタクサということがわかり、ブタクサの拡散する時期は散歩に行かないなどの対応と薬、しっかりシャンプーしています。
今は、症状は安定していますが、花粉が飛ぶ季節になるとどうなるかが心配です。

病気と上手に生活しましょう

アレルゲンが花粉だと特定されても、それをまったく取り除いて生活することはとっても難しいことです。花粉が飛んでいるから散歩に行かないということも無理なので、散歩の後にシャンプーをするなどでアレルゲンを取り除きましょう。
そして、抗ヒスタミン薬やステロイドを利用するなど、生活習慣の改善とお薬を上手に使うことで、かゆみなどのストレスから解放してストレスのない笑顔の楽しい生活を送れるように心がけましょう。だって、大切な家族ですから






おススメ記事

お掃除簡単!水洗いできるコルクマット
柔らかいクッションで犬の足腰にやさしい

コルクマット一覧へ


犬が滑らないやさしいコルクマット専門店トップページへ

犬にやさしいコルクマット専門店
トップページへはコチラから

犬にやさしいコルクマットの特徴

滑り止めコルクマットの特徴
犬にとて快適な床材

犬と快適に暮らす住まいの知恵袋へ

家族の一員の愛犬と快適に
暮らすための知恵袋★

犬の基礎知識へ

犬との生活をより良い関係に♥
愛犬ことをもっと知りたい♪

犬の健康管理

健康で長生きのために知ると安心!
犬とず〜っと元気に暮らすための知識