犬はまず鳴き声で自分の気持ちを伝えます!

犬の鳴き声

犬の鳴き声の意味
言葉を持たない犬は、自分の気持ちはまず鳴き声で表現しています。
犬を飼ったことがない人には「ワン、ワン」にしか聞こえない鳴き声も、長年犬を飼っていれば鳴き声ひとつ聞くだけで、喜んでいるのか怒ってるのかすぐに分かります。犬の鳴き声の意味がわかっていれば犬とのコミュニケーションが上手くいきますね♪

犬の気持ちは鳴き声でわかる

犬の気持ちは鳴き声でわかる

「ワン、ワン」は喜びのときか警戒のとき

大きな声で「ワン」といいながらしっぽを思いっきりふって飛びついてくるのは、親愛の気持ちの喜びの最大の表現です。
「ワン、ワン、ワン」と鼻にしわを寄せてけたたましく鳴くときは、恐怖からくる警戒心の現れです。
鳴き声と同時に体で感情を表現しています。

「ウーッ」は怒りと威嚇のとき

低いうなり声とともにキバをむきながら鳴くというより吠えるときは、自分のエリアに敵が侵入してきた時や危険が迫ったのを察知して、警戒のうなり声です。
この状態で無理に近づくと攻撃されますので注意しましょう。

「ウォ〜ン」は遠吠え

「ウォ〜ン、ウォ〜ン」高い声がまじる遠吠えは淋しさを表し、また仲間への呼びかけと言われています。野生時代の習性がまだ残っているのですね。

「ク〜ン、ク〜ン」は甘えたいときや淋しいとき

大好きな飼い主がいなくて淋しいときや、不安なときの鳴き声です。
か細い声で悲しそうな表情をして「ク〜ン、ク〜ン」と鳴かれると思わず抱っこしてしまいますよね。
この鳴き声を聞くと何でもしてあげたくなりますね。

キャン、キャンやクンクン

その他にも「キャン、キャン」は痛みを感じたときや恐れを感じたとき。
「クンクン」は心配なときや飼い主の気を引こうとしてこの鳴き声をだすことがあります。

犬の無駄吠え

犬は、意味も無く吠えることはありません。吠えるには理由があるのです。原因を取り除いてあげれば、とても簡単に吠えるのを止めさせることができます。
・怪しい人物や生き物がいる警戒のため
・飼い主の気を引きたい
・散歩に行きたい要求のため
・病気やケガのため
などなどいろいろな理由が考えられます。犬が不安を感じたり緊張状態の時に無駄吠えすることがあります。愛犬のそばに不安要素や緊張の原因がある場合はそれを取り除くことで解決することもあります。
体罰では無駄吠えは治りません。
犬はたたかれてもその意味はわかりません。反対に飼い主のことを怖れてしまって、ますますいうことを聞かなくなってしまうこともあります。
どんな時に無駄吠えするのかを観察して、その原因を取り除くことで無駄吠えをなくしましょう。
飼い主も根気がいるしつけですが、愛情をもってしつければ愛犬もいうことを聞いてくれるはずです。


話すことができないワンちゃんが鳴くことと動作で自分の感情を表現しているので、できるだけ一緒にいて話しかけたり頭や背中をなでることでコミュニケーションをはかりましょう。言葉はわからなくても、心はちゃんと通じているのですからね。






関連記事

子犬の時から犬の足腰にやさしいコルクマットで
いつまでも健康に!

コルクマット一覧へ

  • 犬にやさしいコルクマットの特徴
    滑らないコルクマットの特徴
    快適に生活するための安心の床材
  • 犬と快適に暮らす住まいの知恵袋へ
    家族の一員の愛犬と快適に
    暮らすための知恵袋★
  • 犬の基礎知識へ
    犬との生活をより良い関係に♥
    犬のことをもって良く知りましょう♪
  • 犬の健康管理
    健康で長生きするために知っていると安心!
    愛犬といつまでも元気に生活するための知識