犬は暑さにとっても弱い!

夏を元気にのりきる!!

犬は夏の暑さに弱い生き物。夏バテや熱中症から大切な愛犬を守るのは飼い主のこまかな心づかいが必要です。
夏の暑さが年々厳しくなっていますから、ささいな体調の変化も見逃さないであげてください。

犬は暑さが一番苦手

犬は暑さが一番苦手
夏は犬の一番苦手な季節です。汗を分泌する汗腺が足の裏にしかないため、呼吸による体内の熱を体の外に出すためには、口から熱を放出するしかありません。
暑くなると、ハアハアと息づかいが荒くなるのはこのためです。見ていると可哀想なくらい暑そうですよね!
人間と同様、日射病・熱中症にかからないように暑さにたいしてしっかりと対策をしてあげましょう。

夏を快適に過ごすには…

夏を快適に
屋外で過ごす犬の場合、ハウスを移動できるならば、風通しの良い涼しい場所へ移動してあげてください。
場所を移動できない場合は、すだれ、シェードや、鉢植えの植物などで直射日光を遮断したり、ホームセンターなどに売っているテラコッタのタイルや大理石など、熱を通しにくい物を敷いてあげるのも暑さ対策のひとつです。スペースがある場合、夏と冬で場所を変えてあげるのは犬にはうれしいことですね。

室内で過ごす犬の場合、冷房のききすぎに注意しましょう。
冷え過ぎは犬の体には良くないし、外気との温度差で体調を悪くすることもあります。
また、真夏に室内でお留守番をさせる場合は、熱中症にならないかととっても心配ですよね。
2〜3時間の留守番ならクーラーをつけたままでもよいでしょうが、長時間になると部屋を閉め切った状態で、停電などでクーラーが止まった場合が心配になりますね。
やはり、長時間のお留守番の場合は、換気扇をつけたり防犯上開けていても大丈夫な窓を空けて、風の流れ上にゲージを移動させたり、自由に移動できる範囲を広げてあげるのがいいですね。
ペットボトルを凍らせて、タオルをまいて置いておくだけで簡易クーラーになりますのでお試しください。

天然素材であるコルクを使った犬にやさしいコルクマットは、夏場でも足裏がべとべとしなく一定の温度を保ってくれるので、さらさらとして快適です。犬は不思議に涼しい場所を探し出して、そこで寝そべっていることが多いので普段の居場所を確認して、お留守番をさせるときはその場所に犬にやさしいコルクマットを敷くこともいいでしょう。
やわらかいクッションとサラリとした気持ちよさで愛犬のお気に入りの場所になるでしょう。

夏はまた蚊やノミ・ダニの発生する季節です。
蚊が媒体するフィラリア症、ノミの寄生による皮膚炎など病気はいろいろ。屋外のハウスには蚊取り線香を用意して上げてください。そして、月1回のフィラリア予防薬を飲ませることも忘れないでください。

夏のお散歩の注意!

夏の犬の散歩
夏の日中アスファルトは、太陽で熱せられて高温になっています。
この時間帯に散歩をすると、犬の肉球がヤケドを起こしてしまいます。
ご自分がアスファルトに手を当てた時、「熱くはないけどあたたかい」と感じたときはもうすでに犬に取ってはつらい熱さになっているのです。
では、どのくらいの温度が最適かというと、手のひらを地面にあてて冷たいと感じる時間帯が犬にとって一番良いお散歩の時間帯です。
夏場のお散歩は、早朝や日没後の涼しい時間帯を選ぶように気をつけて上げましょう。

夏の食事の注意!

犬も夏は食欲がなくなります。
夏は暑さにまけない抵抗力をつけてあげるために、牛や豚、鶏のお肉などの高タンパクの食事が必要です。
腐りやすい時期なので必ず加熱をしてから与えてください。また、食べ残したものはそのままにせず、さっさと片付けることを忘れずに!!
食欲のなくなる夏場は、食事時間をいつもより早く、夜いつもより遅く、なるべく涼しいときに与えるとよいでしょう。
夏だから冷たいものをといった配慮も犬には必要ありません。むしろ冷たすぎるものは胃腸カタルなどを引き起こす恐れがありますので注意。
冬と違って、脂肪分はとりすぎると皮膚病の原因になりますので少なめにしてあげてください。
そして、食事とともに新鮮な水をたっぷり与えてください。
屋外では、お湯なみの温度になりますのでこまめに新鮮な水に交換してあげることをお忘れなく!

夏は清潔を第一に!!

毎日ブラッシングをして被毛の中に空気を取り入れてあげてください。ついでに皮膚の状態もチェックしましょう。
体臭の強いワンちゃんなら毎日体を洗ってあげてもいいでしょう。
ただし、犬の皮膚はとてもデリケートなので、ゴシゴシブラッシングしたり、皮膚を濡らしたまま放置したり、刺激の強いシャンプーや塗り薬などは犬の皮膚にダメージを与えるので気をつけましょう。

犬が日射病、熱中症にかかったときは?

日光に直接当たって起きる日射病、温度が高すぎたために起こるのが熱中症です。どちらの場合も冷やしてあげることが第一です。まず、涼しい場所に寝かせ、水を飲ませ体に水をかけます。そして扇風機やうちわなどで風を送り、気化熱によって体温を下げます。氷水は冷たすぎて心臓に悪いため使わないよう注意してください。少し元気が出てから病院で見てもらったほうがいいでしょう。

メキシコ産のチワワは夏の暑さにとっても強い。
そのかわり冬の寒さにはめっぽう弱い。まるでネコなみです。






おススメ記事

犬が滑らないコルクマットは、表面の凹凸がさらさらで素足で歩くと気持ちいいんです。

コルクマットの一覧へ


犬が滑らないやさしいコルクマット専門店トップページへ

犬にやさしいコルクマット専門店
トップページへはコチラから

犬にやさしいコルクマットの特徴

滑り止めコルクマットの特徴
犬にとて快適な床材

犬と快適に暮らす住まいの知恵袋へ

家族の一員の愛犬と快適に
暮らすための知恵袋★

犬の基礎知識へ

犬との生活をより良い関係に♥
愛犬ことをもっと知りたい♪

犬の健康管理

健康で長生きのために知ると安心!
犬とず〜っと元気に暮らすための知識