コルクマットは掃除が簡単!
私はモップスリッパを愛用しています。

コルクマットはお掃除が簡単

お掃除は、モップ掃除機水拭き水洗い!!

コルクマットはモップスリッパでおそうじ
おそうじはとっても簡単♥ホコリを吸収してくれるモップで払うだけでOK!わざわざ掃除道具を用意しなくても、はくだけでホコリがとれるモップスリッパもおススメ。私も使っています。モップスリッパは汚れたら洗濯をお忘れなく。汚れたままはいていると汚れを広げてしまうことになりますから。
犬が滑らないということは、ペーパーモップも滑らないので使えません。ご注意ください。
抜け毛や軽いホコリは、モップやコロコロで取り除けますが、犬についてきた外からのホコリをしっかりと取りたい時は掃除機をかけてください。

ホコリは、放っておくと頑固に汚れになってしまいます。「ホコリをしっかり取り除く」でホコリの原因とお掃除のポイントをご紹介しています。

オシッコや食べこぼしなどの汚れは、スグにぬれ雑巾で拭く。特に汚れがひどい場合は、中性洗剤を薄めた液を布につけて、汚れの上から叩くようにして拭き取ってください。コルクマットに限らず、汚れはスグにふき取らないとシミになってしまいますね。
拭くだけで汚れが落ちない場合は水洗いします。それでも、ダメな場合はジョイント式になっているのでその部分だけを取り替えていただくことでいつも清潔な状態を保つことが出来ます。

犬の抜け毛がからまない

抜け毛の掃除も簡単犬を飼っていると「抜け毛」のお掃除が大変です。毎年2回抜け変わりの時期は部屋中に毛が舞って部屋の隅に毛糸玉のように抜け毛が溜まりますね。
犬種によって抜けやすい犬と抜けにくい犬がいますが、プードルなど毛が抜けにくいといわれている犬でも全く抜けない訳ではありません。
部屋に絨毯やカーペットを敷いているご家庭では、絡んだ抜け毛を掃除するのに掃除機をかけてもキレイには取り去ることは難しいです。抜け毛をそのままにしているとダニが発生してしまいます。

コルクマットは、絨毯やカーペットのようにダニが潜む毛足が無いので「抜け毛がからまって取りにくい!」ということもありません。毛が抜けやすい犬を飼っている方でお掃除が大変だという方にはピッタリですね。

抜け毛にはコロコロが大活躍!!

corocoro犬の抜け毛は、ふわふわと舞っています。わざわざ掃除機を出すのは面倒くさ!でも、気になったときに簡単にお掃除したいものです。そこで、コロコロでスグに犬の抜け毛をおそうじするのもおススメです。
粘着が強力なコロコロは、コルクマットにくっついてしまいますが、フローリング用のコロコロなら大丈夫。百円均一にもフリーリング用の詰め替えは売っていますから手軽に使えます。コロコロは汚れが目に見えるので、きれいになった感がありますね。

そして、サイズもさまざま揃っています。手の届く範囲をキレイにしてくれる小さいなサイズから立ったまま、床や天井まで届く伸縮自在なロングサイズまで。場所もとらずきれいになるので手放せない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

犬にコロコロ私は、3段階に伸縮するタイプのコロコロを使っています。座ったまま掃除するときは縮めて、立って掃除するときは伸ばして使えます。そして、コロコロと言えば、当店看板犬のリンちゃんは大のコロコロ好き。自分から「コロコロして〜♥」とすり寄ってきます。抜け毛になる前の段階でコロコロをしています(笑)

オシッコをしてしまったら!!

犬のトイレシート愛犬のトイレのしつけはできていますか?
室内で犬を飼う方は勿論トイレのしつけができているでしょうが、あまりの嬉しさからチョロリッと「うれション」をしてしまう犬もいます。看板犬のりんちゃんも嬉しくって興奮状態になると、若い頃は「うれション」していました。
そんな時は、すぐに雑巾で拭き取ってください。少しのおもらしなら大丈夫です。
コルクマットにトイレを設置する場合は、トイレマットの下に滑り止め防水性のビーニールマットなどを敷いておくとはみ出しちゃっても安心ですね。
我が家では、カラーや柄がたくさんある100円ショップのお風呂用カーテンをオシッコシートの下に敷いています。防水効果バッチリです。


ヒート(生理)の出血には注意!!

メス犬は年に2回ヒート(生理)が訪れます。室内で犬を飼っている場合、気になるのは出血ですね。
小型犬は出血も少なく自分で舐めてしまうこともありますが、どうしてもポタッと漏れてしまうことがあります。

ポタポタと血液がコルクマットについたらスグにティッシュなどを濡らして拭き取って下さい。
血液や排便は、少し時間が経ってしまうと凹凸に入り込んで拭いただけではキレイにはなりませんのでご注意ください。
基本的に、汚れたら素早く拭き取ることを心がけていただくことで、いつまでもキレイにお使いいただけます。

カーペットやラグだと汚れたら洗濯やクリーニングが大変ですが、コルクマットなら汚れた1枚を洗うだけだから、とっても簡単にお掃除できます。
犬と一緒に生活しているとどうしても汚れてしまいます。汚れたらそのまま放置するわけにはいかないのですから、簡単にお掃除できることが私たちには一番うれしいことですね。

私は、古くなったTシャツを小さくカットしてストックしています。雑巾は汚れたら洗わないといけませんが、これだと使い捨て雑巾としてそのまま捨てることができるのでとっても便利!高齢犬の介護にも役に立つので是非、お試しください。

古いTシャツを使い捨て雑巾に

水洗いできるからいつも清潔♥

水洗いできて清潔なコルクマット
毎日生活する場所だから、汚れはつきもの。
犬はキレイ好きです。コルクマットが汚れてしまったら水洗いでキレイになります。

コルクは耐水性にすぐれています

ワインのコルクコルクは水を含んでしまうイメージがありますがコルクの気泡は、連続気泡ではなく独立気泡のため液体を遮断するのです。
ですから水につけても吸水率は少なく吸い込んだ水分も素早く蒸発します。
これは、ワインの栓として利用されてきたことでおわかりいただけるでしょう。
意外なことにコルクは耐水性にすぐれています。

汚れたらジャバジャバと水洗いしても大丈夫です。その後は、しっかりと水分を拭き取って、陰干しをしてください。
直射日光や暖房器具で乾かすと縮んでしまいます。ジョイントした時に隙間ができますのでご注意ください。

モップで簡単おそうじ!
コルクマットは犬の抜け毛が絡まらない、
防カビ・防ダニ効果

犬が滑らないコルクマット一覧へ

ダニ・カビ対策も万全

防ダニ・防カビ効果が大きいコルクマット
コルクマットには、ダニやカビが大量発生する原因となるホコリやフケ、食べカスがからまらないことに加えて、天然の防虫成分「スペリン」という抗菌成分が含まれています。また、組織構造が緻密なため腐敗しにくくダニなど害虫を寄せ付けない性質も大きな特徴です。
しかし、お掃除をなまけるとホコリがやがて、汚れとなってダニやカビの栄養分となります。ですからコルクマットとだからとお掃除を怠けているとダニやカビの原因となります。はやめのお掃除を心がけてください。
ダニやカビは発生しやすい環境があります。
特に、梅雨時や寒い季節に加湿器を使用する場合は、結露などが原因でカビが発生することがありますから換気も忘れずに。


コルクの消臭機能

そして、もう一つの特徴はコルクの持つ消臭機能です。
犬を飼っていると自分では気づかない家のニオイがあります。愛犬の糞尿や体臭などがニオイの原因です。
この気になるニオイをコルクが軽減します。ニオイを消すための消臭剤を使用することなくニオイが消臭するので犬にとっても安心です。


愛犬のフローリング滑り止め対策におススメの商品
おススメ記事

犬が滑らないやさしいコルクマット専門店トップページへ
犬にやさしいコルクマット専門店の
トップページへはコチラから
犬にやさしいコルクマットの特徴
滑り止めコルクマットの特徴
犬にとて快適な床材
犬と快適に暮らす住まいの知恵袋へ
家族の一員の愛犬と快適に
暮らすための知恵袋★
犬の基礎知識へ
犬との生活をより良い関係に♥
愛犬ことをもっと知りたい♪
犬の健康管理
健康で長生きのために知ると安心!
犬とず〜っと元気に暮らすための知識