コルクマットの極厚クッションは防音対策に最適!
鳴き声を遮断、走ったりジャンプの衝撃をキャッチ!!
だから時間を気にすることなく愛犬と遊べます。

防音対策は大丈夫ですか?

犬の防音対策
犬と一緒の生活で気になることは、鳴き声やドタバタと犬が走りまわる音、ソファーなどの高いところから飛び降りる衝撃音です。
住環境によって対策方法も異なりますが近隣トラブルを防ぐためにも、犬を飼っているご家庭では防音対策もしっかりと考えなければいけないことです。

音の伝わり方には、2つのタイプがあります。
一つは、屋外から聞こえてくる工事の音や犬の鳴き声、自動車・電車などの交通騒音、そしてテレビの音・会話、カーテンの開け閉めの音、掃除機の音などの生活騒音
これは空気によって伝わる音で、窓や換気口などの小さな隙間から騒音として伝わります

もう一つは、住宅の上下左右の部屋から伝わってくる足音、ドアの開け閉めの音、物を移動したり落としたりした時の音や水周りなどの騒音です。これは、天井・床・壁など建物から伝わる気になる生活音です。
この音の原因は、はっきりと分かっていることからご近所トラブルの原因となることもあります。自分が気になるということは、自分の出している音を他の人が騒音と思ってるかもしれません。マンションなどの集合住宅にお住まいで犬や小さなお子さまのいるご家庭では、しっかりと防音対策を考えなければないことです。
居住環境ごとに気になる音の伝わる原因を理解して、トラブルになる前にしっかりと防音対策に取り組みましょう。

床の防音には!!

マンションなどの集合住宅では、上下の部屋から足音や物を落とした時の衝撃音、話し声やテレビの音など気になります。他人の音を騒音と感じる人は多いのではないでしょうか。
自分では気がつかないけれども、知らず知らずのうちに自分が騒音の原因になっているかもしれません。
犬を飼っている場合、鳴き声や走り回る音、ソファから飛び降りる音が騒音にならないかと心配になります。
愛犬が原因で騒音トラブルになる前に床に、防音効果が期待できる絨毯やマットを敷きましょう。

しつけが大切!!

犬の反省山奥の1軒家で犬を飼っている方は、犬の鳴き声を気にする必要はありませんが、マンションや住宅地では犬の無駄吠えは騒音になることもあります。
犬は吠えることが仕事ですが、無駄吠えは別です。無駄吠えには必ず理由があるので、原因を取り除くことと、しっかりしつけをすることでなくすことはできるのです。
しつけの方法として、例えば、吠えているときに、何か大きな音を出せば犬はそちらの方に気が向いて、一瞬吠えるのをやめます。そして、吠えるのをやめたら愛情をもって思いっきりほめてあげてください。大きな音には、カスタネットなどを使うといいといわれています。音は1回にしてください。連打すると犬が怖がったり、反対にこちらが騒音になりかねません。
愛犬が騒音の原因となってご近所トラブルになることは、飼い主にとって悲しいことですね。やっぱりしつけが大切です!

時間に関係なく愛犬と遊びたい!!

防音効果のコルクマットで遊ぼー
残業の多いお仕事をお持ちの飼い主さんは、どうしても愛犬と遊ぶ時間が遅くなります。
周りが寝静まった時間に、ドタバタ音をたてることはマンションなどでは音が響いてご近所トラブルになりかねません。
しかし、元気なワンちゃんは、時間に関係なく毎日飼い主さんと遊びたいものです。
飼い主さんといっしょに遊ぶことができない愛犬はストレスをためてしまいイタズラをしたり病気になったりなんてことになったら大変です。
防音効果のあるコルクマットを敷くことで、残業で遅く帰っても時間を気にすることなく愛犬と遊ぶことができますね。

コルクの弾力性が衝撃をやさしくやわらげます。

コルクマットに含まれている空気の気泡が、足音や物を落とした時の衝撃をやさしく吸収してやわらげてくれます。
図書館など特に静かさが求められる施設で防音・遮音の効果を発揮していることからもコルクには防音効果があることがわかります。
コルクマットの厚みで防音
最近の住宅は、フローリングの部屋や廊下がおおくなっています。カーペットやコルクだけのマットよりも厚みのあるコルクマットを敷くことで防音、遮音の効果があります。
犬が滑らないやさしいコルクマット専門店では、厚さの異なるジョイントマットをご用意しています。
愛犬の大きさや生活時間に合わせてお選びください。

天然コルク+クッションマット

安心の防音・遮音効果コルクマットは天然のコルクとEVAというビーチサンダルやお風呂のマットで使われている素材で作られているジョイントマットです。このマットが弾力性があり、犬の足腰への負担を軽減してくれる上に、防音の効果があるのです。防音には11ミリの極厚タイプのコルクマットのほうが効果が期待できます。

表面が天然素材のコルクを使っているので、EVAだけで作られているジョイントマットにはないやさしい肌触りが大きな特徴です。
天然素材だから人にも犬にもやさしいのです。

コルクマットのEVAはやさしいクッション

愛犬はソファから飛び降りていませんか?

たとえ小型犬でも、ソファから飛び降りたりジャンプして着地した音は、静かに生活をしている階下の住人には気になるもの。

中型犬や大型犬ならなおさら、騒音トラブルになるかもしれません。
そこで、しっかりとしたやわらかなクッションのコルクマットを床に敷いて、犬がソファから飛び降りる時の音や物を落とした衝撃音が階下に伝わるのをやわらげましょう。
コルクマットは、衝撃を吸収する効果があるため、犬の足腰への負担をやわらげて犬の骨折や脱臼、ヘルニアなどの予防にも役立ちます。
賃貸マンションなどで床をリフォームできないときは、コルクマットを敷くことで簡単に低価格で防音の床にすることができます。

壁や窓も防音を!!

音が伝わるのは、床からだけではありません。壁や窓からも音は伝わるのです。

壁の防音は!

マンションなどの集合住宅では、壁からも音が伝わります。簡単にできる遮音方法は、本棚やタンスなどを隣の壁に置くことです。
反対に、テレビやコンポなどは隣の家側の壁に置くと音が伝わって騒音の原因になるのでご注意ください。

窓の防音は!

室内犬の鳴き声は、窓からも外に伝わります。
手軽にできる遮音対策としては、窓に遮音性のあるカーテンをつける方法があります。すでに使っているカーテンの裏側に、騒音をカットする裏付用防音カーテンを取り付ける方法もあります。
布製品には音を吸収する性質があるので、家具を布製品にすることでも防音効果が期待できます。

防音のためにコルクマットがいい♪

最近は大型犬でもマンションで一緒に暮らすご家庭も多くなっています。騒音のトラブルにならないように、床にはコルクマットを敷くことをおススメします。
コルクマットなら防音効果はもちろんのこと、犬が滑らないことでも満足していただける犬のことを考えている飼い主にはうれしいマットです。

部屋全体に敷くことで防音効果が期待できますが、ソファーの下や愛犬の遊びスペースに部分的にお使いいただいているご家庭もいらっしゃいます。
是非、一度ご検討ください。


犬にやさしい滑り止めコルクマット


コルクに含まれる空気が遮音効果となり、
階下への音の伝わりを防ぎます。

犬が滑らないコルクマット一覧へ


愛犬のフローリング滑り止め対策におススメ

おススメ記事

犬が滑らないやさしいコルクマット専門店トップページへ
犬にやさしいコルクマット専門店の
トップページへはコチラから
犬にやさしいコルクマットの特徴
滑り止めコルクマットの特徴
犬にとて快適な床材
犬と快適に暮らす住まいの知恵袋へ
家族の一員の愛犬と快適に
暮らすための知恵袋★
犬の基礎知識へ
犬との生活をより良い関係に♥
愛犬ことをもっと知りたい♪
犬の健康管理
健康で長生きのために知ると安心!
犬とず〜っと元気に暮らすための知識